CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
                                 
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
教室で教えるということ
教室で教えるということ (JUGEMレビュー »)
岩垣 攝,子安 潤,久田 敏彦
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ARCHIVES
CATEGORIES
                
<< 高校生活指導206号 | main | 現実の問題にこそ道徳が潜む >>
更新講習の感想から

教員免許の更新講習の必修領域を三時間ずつ、午前と午後同じ内容で担当した。

今度の勤務先では初めて担当した。受付で団扇とペットボトルを配付していた。前のところではそれはなかった。団扇はオリジナルだったからCMのつもりのようだ。

 

教育政策の中で一番人気のないのが更新講習だが、多くの人が思うように、どうせなら有意義な時間にしたいと思う。

私は、新学習指導要領の特質と課題がテーマ。

 

新が告示されてから教委や学校の受け止め方のトレンドを示しながら課題を提示するという基本の流れをつくってみた。

これはこれで成功したと思う。多忙な中耳を傾けてもらえた気がする。

ALはトレンドの座から降りたこと、代わって汎用的スキルが上にきた。しかしこれとていつまでその座にいるかというと?

 

こうした話しへの反応は、私の一番のねらいである「相対化」をいくらかしてもらえたようにおもわれる。踊らされるのではなく、それぞれのまなざしで事態を見ること。教育のメインテーマである子どもの育ちにどう関与するかを「私」の側から考える、そういうことにいくらか拓いてくれるといいかなと思った。

終了時に書いてもらった文章はまだ全部を見ていないが、いくつかそのことに通じる応答があった。もっとも、現在のトレンドの頂点にいる探究は「総合になげました」みたいな身も蓋もない消化試合的な応答もあって、追い詰められているなと思った。そういう状況も実感できたこともしかし収穫。今回も学生の頃お世話になりましたと40代教師に挨拶された。

 

トレンドがつくられては捨てられていく仕組み自体を見据えて、その仕組みに乗らない教育の世界をいきたいもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 教育 | 07:11 | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| - | 07:11 | - | - |
コメント
配分されてばかりの世の中かもしれないのですが、世の中には配分してあげていいこともあると思われるのです。
| KOYASU | 2018/08/04 8:59 AM |
踊らされるのではなく〜「私」の側から考えるに納得です。
| carparkee | 2018/08/03 6:09 PM |
コメントする