CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
                                 
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
教室で教えるということ
教室で教えるということ (JUGEMレビュー »)
岩垣 攝,子安 潤,久田 敏彦
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ARCHIVES
CATEGORIES
                
<< 調べ上げる | main | 10回目の全国学テ報道から >>
夏の散歩ー蝶のコレクションを見る

台風が接近した日、中部大学の名古屋キャンパス(鶴舞公園駅)で蝶のコレクションを見た。

 

藤岡コレクションと呼ばれるものから日本産チョウ類の希少種11種類の標本と中部大学周辺のチョウや昆虫の標本が展示してあった。

展示解説には、昆虫の多様性を生み出した進化の過程、近年の生態系破壊や地球温暖化などの影響を受ける昆虫の変化などを解説してあるとあったが、時間が短くてそこまで読み取れなかった。

大きな蛾の「ヨナグニサン」、マレー半島にいる巨大な「テイオウゼミ(帝王蝉)」は初めて見た。

 

チョウの収集というと同じものを標本箱にたくさん並べたものをよく見かける。なぜそんなに収集するのかがわからない。

雌雄、形が違うといった明確な差があるというなら理解できるが、私には同じものが並んでいるとしか思えない。質問したかったのだが、時間がなくてできなかった。

 

開館は月曜から金曜の10時から16時まで。

原稿の締め切り日で緩い記事となった。

 

 

 

 

 

 

 

| 暮らし | 06:41 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 06:41 | - | - |
コメント
コメントする