CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
                                 
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
教室で教えるということ
教室で教えるということ (JUGEMレビュー »)
岩垣 攝,子安 潤,久田 敏彦
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ARCHIVES
CATEGORIES
                
<< これが人間か改訂完全版 | main | ドリーム >>
子どもの読書政策について

文科省内に「子どもの読書活動に関する有識者会議」というプロジェクトがあり、配付資料の一部が公開されている。

その「論点まとめ案」は、議論してきたけれど、妙案はないという文書と読んだ。

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shougai/040/shiryo/attach/1398330.htm

 

小学生はよく読んでいて、中学生、高校生と学年が上がるに従って激減していく。

「1か月間に1冊も本を読まなかった「不読者」の割合(不読率)は小学生5.6%,中学生15.0%,高校生50.4%」と毎日新聞の調査が引用されている。

大学生の場合、本の冊数調査ではないが、一日の読書時間が24分。(大学生協連調査2017年)新書程度で、6時間かかるとして月2冊が平均となる。

という実態に対して、方針は、一番問題の高校生に対する策がない。まとめ案には次のようにあるのみだ。
「高校生の多忙な生活において他の時間との関わりを考える必要があるが,高校生の放課後の時間については,学習やメディアの時間が大きな割合を占めている。このような高校生が読書をするきっかけを作り出す必要があり,これについては,友達等からの働き掛けが有効であることが分かっている。したがって,友達等の同年代の子供同士で本を紹介したり話合いや批評をしたりする活動が有効であることを認識して具体的な取組が行われることが重要である。」
原因と対策が対応しない。
高校生は多忙で読まない。多忙の要因は?と追求しない。勉強と他のメディアの比率が高いのはなぜか?とは追求しない。
原因を追及しないで、批評活動が有効だからそれを行う、となる。
批評活動はしたらいいが、目標に遠く及ばない状況は改善しないだろう。
原因の解明はこのプロジェクトの責任じゃないが、原因と対応しない方針を出しても、多忙感を生み出すだけじゃないか。子どもにもそれに取り組む学校や行政にも。
私は、急ぎの原稿が終わって、日常がもどって専門外の本を読む時間が増加した。

 

| 教育 | 08:32 | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| - | 08:32 | - | - |
コメント
赤木さんの連載は読んでいません。
インタビュー記事は呼んだことがあります。
| KOYASU | 2017/11/18 11:47 PM |
もう読まれたと思いますが、『人間と教育95』の新連載の赤木かん子「児童文学なんてありません」の,い泙匹、児童文学なんて、ないんです・・・・・は貴重な問題提起をしていて今後の連載が楽しみです。このブログの読者の皆さんにもお勧めします。
| 理科大好き人間 | 2017/11/18 7:51 PM |
コメントする