CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
                                 
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
教室で教えるということ
教室で教えるということ (JUGEMレビュー »)
岩垣 攝,子安 潤,久田 敏彦
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ARCHIVES
CATEGORIES
                
<< 学校の働き方部会資料から | main | 無為と有為 >>
半期の感想から

庄内川に架かる橋の上からの一枚。雨がひどくて渋滞。

19号のこの付近は、自衛隊車両をよく見かける。空にも航空機。勝川周辺は小牧基地への進入経路にあたるらしく低い位置を飛んでいる。

 

講義は半期を終え、評価をつける週となっている。学生は学生で規定のアンケートを書くらしいが、私は書式のない感想を書いてもらっている。

 

「難しかった」これが一番多い。たぶん全員だ。聞いたこともない論理が紹介されたらしい。今後も難しさを維持するつもり。

続いて「面白かった」。発見があって面白かったと言っていると解釈している。「難しい」と連動しているのだろう。「考えたこともないことを考えさせられた」などの感想が取りあげた具体例とつなげて記されていたのでそう考えている。他の学生の意見を聞けた、対立する意見が紹介されていたなどと書いてあったことも関連しているだろう。

他には考え方を学べたなどというのもかなりあった。

 

少数派では「パワーポイントを使ってなかったのがよかった」とか、「来年も受講する講義があればとりたい」というのもあった。「もういい」と言わせる教師の方が優れた教師だと言ったのに惜しい。

 

もうすぐ学生の文章を読む苦行からとりあえず解放される。

そうして各種研究会の季節。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

| 暮らし | 07:31 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 07:31 | - | - |
コメント
コメントする