CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
                                 
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
教室で教えるということ
教室で教えるということ (JUGEMレビュー »)
岩垣 攝,子安 潤,久田 敏彦
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ARCHIVES
CATEGORIES
                
<< 正岡子規人生のことば | main | 総合より大事な外国語 >>
教育勅語の取り扱いに関する提言を公表

カリキュラム学会と教育方法学会有志による「学校教育における教育勅語の取り扱いに関する提言」を公表いたしました。

下記のアドレスですので是非お読みいただければと思います。

https://curricularistssoli.wixsite.com/anti-kyoikuchokugo

 

私たちがこの提言を作成したのは、提言の鏡の部分のような事態があり、なし崩しに教育勅語が利用される事態が発生すると考えたからです。

 

すなわち、4 月 21 日に二名が、申入書を持参して、文部科学省初等中等教育局教育課程課の担当者に面会し、文部科学省の立場や考え方の詳細を確認しました。担当者は、政府が答弁している立場を繰り返しました。

「第1に、教育勅語を教育の唯一の根本とするような指導は禁じられているが、日本国憲法や 教育基本法等に反しない限り、学校教育において教育勅語を使用することに問題ない」

ここは問題な答弁です。唯一でなければ良いと読めてしまいます。

 

「第2に、不適切な使用があった場合は、設置者や各都道府県教育委員会が対応する問題であり、文部科学省はその使用の是非をあらかじめ判断する立場にはない」ここも問題です。

教育史学会等の声明でも指摘されているとおり、反教育勅語でなければならない点からの対応が国会決議等の決定ですが、その点が明確でありません。

 

こうした問題点を指摘し、次の二点を提言しています。

第1に、昭和 23 年の上記国会決議は、教育勅語が日本国憲法の根本理念とは相容れないからこそ採 択されたと考えられる以上、政府は、学校教育において教育勅語が用いられる場合には、日本国憲法の 根本理念や同国会決議の趣旨に反しないよう慎重を期する必要があることをより明確に示すべきであ る。
第2に、政府は、自らの答弁において「我が国の教育の唯一の根本とするような指導は不適切である」 という文言ではなく、「教育に関する勅語を、全体として道徳的に肯定的な価値を有するものとするよう な指導を行うことは不適切である」といった表現を用いるべきである。

 

全体をお読みいただければ幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 社会 | 06:55 | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| - | 06:55 | - | - |
コメント
いえ、禁止となっていません。
試してみましたが、コピーできます。
再度お試しください。
| KOYASU | 2017/05/26 8:34 PM |
提言全文を印刷して読みたいのですが、コピーできません。禁止措置になっているのですか?
| 伊藤望東子 | 2017/05/26 4:45 PM |
コメントする