CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
                                 
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
教室で教えるということ
教室で教えるということ (JUGEMレビュー »)
岩垣 攝,子安 潤,久田 敏彦
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ARCHIVES
CATEGORIES
                
<< 社会にこそ道徳問題はあふれている | main | 今中講演会の案内と前説 >>
天使のいる図書館

奈良県広陵町の図書館が舞台の映画。

新人図書館司書の吉井さくらは、「性欲の美的表現が恋愛」と言ったり、なぜかモノ化して人の精神活動を捉える。あるいは機械的包含関係で対象を分析するために、対人関係がうまくいかない。

 

図書館に一人の高齢の女性が昔の写真を持ってやってくる。その場所を探しに一緒に出かけたりするようになる。ところが約束の日に現れなくて、、、という物語。

 

この映画を見ていると、図書館と図書館司書の役割がみえる。レファレンス係は、単に本を探すだけでなく、ブック・トークをしてみたり、所蔵している過去の新聞で調べたりといった役割があることがわかる。結果的に、TSUTAYAなどの利益中心主義の本販売業の運営する図書館とは異なることが浮き上がる。本業で売れ残った本を買い取ったり、都合の悪い本は並べなかったりといったことをしないのが図書館。多様な期待に応える公共性がほんわかと映し出されていた。

 

印象に残ったのは、本等を貯蔵する施設が図書館なわけだが、先輩司書が「本には読んだ人の記憶が残っている」という台詞。多少厳密さに欠けるが、そういう趣旨の台詞であった。「そうだ」と思った。映画と直接的関係はないのだが、知識のため込みと記憶の区分ができるなと思った。

現代社会を知識基盤社会などと言って、知識をモノ化・無意味化しているが、人が知識と向き合うのはそんなこととは全然違う、と思いついた。人はただ知識を蓄積しない。そのときごとの必要や思い出や理解の仕方と共に「記憶」する。無機質な知識としてため込むのではない。ここに知識基盤社会論の欠陥というかモノのとらえ方の偏りを見つけた。

 

小さい劇場だが7割くらい席が埋まっていた。ヒロインは「あさが来た」に主人公の子ども役として登場していた小芝風花さん。登場人物それぞれに人生のエピソードをもう少し重ねた台本になっているとさらによい映画となる。

 

 

 

 

 

 

 


 

| 映画 | 07:33 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 07:33 | - | - |
コメント
コメントする