CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
                                 
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
教室で教えるということ
教室で教えるということ (JUGEMレビュー »)
岩垣 攝,子安 潤,久田 敏彦
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ARCHIVES
CATEGORIES
                
<< フレンドリー | main | 新学習指導要領案の検討会 >>
わかりやすいは普遍じゃない

明治学院で終わりに話したことは、「わかりやすい授業がいいわけじゃない」と断言したこと。

世の中、「活動的でわかりやすい授業は良い!」という考え方が蔓延している。

しかし、わかりにくい事柄をわかりやすくしてしまったら、それは誤りを含むことになる場合がある。

私は、そのことを「批判的アクティブ・ラーニング論」という論文で札埜実践に関わって述べた。

 

札埜実践は、分かりにくい判決文を誰もがわかる文に書き換える課題を法律の専門家と意見交換しながら展開する実践であった。授業の過程で裁判長がその道の専門家の世界に入ってくるように高校生を誘い始める。わかりやすければいいとは言えないという主張に高校生は出会ったのだが、大変重要な世界に高校生は誘われたのだと私は論文で意味づけた。

 

今野真二は、『北原白秋』(岩波新書)において、室生犀星が白秋の詩作を「ちんぶんかんぷん」と述べたのは犀星が新しい言葉にあふれた白秋の作品を読めないことに気づいたからだと見なしている。

犀星のわからないは、右も左もわからないわからなさではない。わからないにもいろいろあるのである。同様に、わかるにも様々なレベルがある。だから、すべてを「わかった」形に落とし込めればいいのではない。

わかりやすいが普遍的によいことではない。

 

ポイントを押さえたわかりやすい授業がよい授業というわけではない。わからなさを残した授業の方が優れている。難しい専門用語を使用しなければわからない世界は、やはり存在している。そこを垣間見せる授業の方が優れていよう。そこに気づく「わからない子」を育てる教育こそより優れていると言える。

私はそう考える。

簡単にわかったつもりにさせる授業が一番危険で問題なのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

| 教育 | 06:54 | comments(1) | - |
スポンサーサイト
| - | 06:54 | - | - |
コメント
ポイントを絞って「わからせる」という発想を強く批判してみたのだが、理解してもらえただろうか。大学の場合、数字的根拠はないのだが、「わかりやすい講義」と「分かりにくい講義」とがあるが、明らかにわかりやすい講義は水準が低い!と思っている。当たり前のことを当たり前のままで終わる話をしていることが多い気がする。
どっちが良いとは書いてないことに注意して欲しいが、あきらかにどっちが良いかは決まってる。
| KOYASU | 2017/03/15 11:42 PM |
コメントする