CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
                                 
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
教室で教えるということ
教室で教えるということ (JUGEMレビュー »)
岩垣 攝,子安 潤,久田 敏彦
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ARCHIVES
CATEGORIES
                
<< 教育こそフェイクとたたかう | main | 道徳の教科化でいじめがなくなることはない >>
プログラミング教育?

小学校の新学習指導要領案の総則に以下のようにある。

「イ 児童がプログラミングを体験しながら,コンピュータに意図した処理を行わせるために必要な論理的思考力を身に付けるための学習活動」

年末の答申のトーンよりも前のめりの表現となっている。

そもそも部会の議論の中では慎重意見も出されていた。

 

小学生にプログラミングを教えることに意義がないだろう。

答申以前の議論を見ればわかるように、プログラミングとプログラミングの考え方とは必ずしも一致しない。考え方に立てば、アルゴリズムなどが含まれ、すでに国語でも算数でも行っていることになる。しかし、コンピュータに一定の操作をさせるソフトをつくるという狭い意味で考えると、ことは簡単ではない。これが問題の一つ。

 

だから、文章後半のコンピュータに指示を与えて操作することは、起動スイッチを押すことでさえ一定の処理となる。まして、そのことと論理的思考力とは必ずしもつながらない。ここが問題点の二つ目。

 

新聞やテレビが報道するプログラミングは、何十時間もそこに費やした結果の姿だ。それを習得する必要がある人はごく一部に過ぎない。それを全員に教えるなどというのは時間の無駄だ。これが問題点の三つ目。

 

上記のためのパソコンを学校に大量に買わせようという策略に映る。

 

プログラミングの概念を広く解釈して対応するしかなくなるに違いない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 教育 | 07:40 | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| - | 07:40 | - | - |
コメント
総則の文言はきわめて曖昧で、従来の国語に解消できるものから、プログラミング言語を使って簡単ソフトの作成まで含ませることができる表現となっています。
消えてなくなれと思うわけですが、情報系の人を集めて、関連を作成する会議を始めたらしい。つまらないことをするもの。
| KOYASU | 2017/03/09 7:05 AM |
コーディングですよね。こっちでも突然必修になり、問題(と私は思っている)になっています。
| carparkee | 2017/03/09 5:41 AM |
コメントする