CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
                                 
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
教室で教えるということ
教室で教えるということ (JUGEMレビュー »)
岩垣 攝,子安 潤,久田 敏彦
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ARCHIVES
CATEGORIES
                
<< 「戦後」はいかに語られるか | main | プログラミング教育? >>
教育こそフェイクとたたかう

トランプは、「フェイク・ニュースと戦う」と言って、一方の側を閉め出した。

この論理の破綻を抽出できると教育を公正につくりだせそうだ。

 

トランプによれば、嘘のニュースをつくっているのは一部の報道機関ということになっている。一部は本当のニュースを生産しているということになる。

ところが、7カ国からの入国規制問題の場合のように、トランプの側の発言に嘘やごまかしが含まれていることも存在した。いつもすべてフェイク・ニュースをつくっているのがトランプ側ではないにしろ、フェイクの発信源となってきたこととは事実だ。

閉め出された側もフェイクが全くなかったとは言えない。

だから、公正な取材と報道を保障するなら、二分して一方を閉め出してはならない。それを行った時点で、行った側が公正でないと言える。

 

教育に置きなおす。

教育の場合、公正とは言えない問題を引き起こす一般的な震源地は、一つは学習指導要領、二つは教科書、三つは教師の準備する教材、四つは授業構成だ。最近は、これに地方首長と教育委員会、それと一部社会団体が介入してくることがある。

それぞれに含まれているフェイクを探し出す必要がある。それぞれから明白な嘘を排除していく必要がある。

これは簡単そうで結構大変だ。トランプやロシアにおけるプーチンの報道を見ればすぐわかる。

 

次に、フェイクではないとしても、一方的な判断だけが記されていることがある。複数の見解が存在する事柄の場合に一方の見地だけが記されている場合がある。ここが教育の場合には重要となる。そこには別の判断とその根拠が提出される必要がある。

そうでないと、教育は洗脳となる。判断するのは学習者自身だ。

この観点を貫く必要がある。

言われるままに複数の見地を並べるのでも足りない。並べ方が恣意的なことがしばしば教育には持ち込まれているからだ。断定はしないが、領土問題のように別の見解のあることを記さなかったり、本質的な問題を避けたりして隠蔽することが行われてきたからである。

 

フェイク・ニュース量産の時代となった現代は、事実に関する知識とその論理の妥当性の判断力こそ重要な時代となっている。とすれば、その力を育てる場の一つとして教育はフェイクとたたかう必要がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 教育 | 07:47 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 07:47 | - | - |
コメント
コメントする