CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
                                 
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
教室で教えるということ
教室で教えるということ (JUGEMレビュー »)
岩垣 攝,子安 潤,久田 敏彦
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ARCHIVES
CATEGORIES
                
道徳教科書の趣意書から

文科省のサイトに、道徳の各教科書会社の編修趣意書が公開された。

http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/kyoukasho/tenji/1384939.htm

 

あの悪名高い「手品師」がすべての教科書会社に確かに載っていた。5年に載せた会社、6年に載せた会社という違いはあるが、まあ全社に載っている。知性を欠如させた手品師がどうして正直・誠実の事例なのだ?

「青の洞門」も掲載率が高い。何がいいのだろう?

 

ところで改めて思うことは、道徳とは物語の中にあるのか?という懐疑だ。

長短、実話か創作かといった違いはあるが、物語りオンパレードだ。

物語で道徳性が形成されきってしまうかのようだ。

元は文学なのに、道徳教科書に採られるととたんに胡散臭くなる。

本来、道徳は人の行動そのものと共にあるのではないか?道徳の物語を読むと「いじめ」がなくなるなどということはない。ゼロとは言わないが、可能性としてきわめて小さい。

 

東京書籍の趣意書は、「伝統や文化に立脚し・・・」と2014年の中教審への諮問文を引用するところから始めているが、伝統や文化に立脚してしまって「主体的に考える」なんて事はできるのか?と疑問に思った。特定の立場を決めてしまっておいて、主体的も何もないだろう。「考える道徳」の考えなさがそこにある。

 

もうあと一月で教科書展示が始まる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 教育 | 06:26 | comments(0) | - |
韓国の新米教師に聞く

今日は晴れ。

2年前の留学生が、久しぶりにやってきました。

今は、韓国で小学2年生を教えている新米教師です。

去年の秋から教壇に立って、騒がしいクラスになってしまってうまくいかなかったといいます。3月からは厳しめに担任を務めるようにしていると言っていました。新任にありがちな揺れです。

 

せっかくやってきたので、学生たちの質問に応えてもらうことにしました。

いろんな質問が出されましたが、学生の印象に残ったらしいことを少しだけ記します。

朝は、8時30分に出勤すること、帰りは5時ジャストに帰る。学年の始まる3月はいくらか忙しかったが残業はほぼない。部活が日本と違ってないからだと思うといっていました。(地域によってちがったり、中高の進学校などでは補習のようなことがあったり違いがありますが、日本の長時間労働よりはずっとよさそうです。)

 

韓国の体罰問題。

体罰が禁止になったのは、5年前からで、それまでは手をたたくなど沢山あった。(映画になっている事件などがあります。それまではいろいろあった事が知られています。)

彼は、法律ができる頃までは体罰は必要だと思っていたが、今は、よくないと思うと言っていました。体罰がすべて一掃されたかというとそうではない実情があるようですが、日本よりは体罰禁止は徹底してきているように話しを聴きながら思いました。

 

教師のやりがいは?という質問に、「3年生でもハングルを十分に書けなかった子が、今はかなり書けるようになったこと」と応えていて、この辺りはどこの国の教師でも変わらないようです。子どもが育つことが一番。

 

終わってからランチを外に食べに行って、駅まで送ってお別れ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 教育 | 06:13 | comments(0) | - |
何のために学ぶのか

「現文なんていらない。」

「漢文も古文もいらない。」

「事実かどうかもわからない歴史も不要だ。」

それなら、「三角関数も微分・積分なんて使わないしいらないね」と私。

 

近代学校の始まり以来、変わらず教えてきた内容に、例えば「四則計算」がある。

しかし教えなくなったもの、教える量としてずっと少なくなったもの、例えば虚偽の天皇の事績やソロバン。

新しく教えることになったもの、例えば小学校英語など多数に上る。

変化を示しながら、なぜ変わったのかと聞いた時に出てきたのが、冒頭の不要な教科や教科内容。

 

ここで気がつくのは、「いらない」と言った学生が何のために学ぶのかを教えられたり、実感することなく通過してきたことだ。「身近で直接生活に役立つ」という学ぶ理由しか賛同していないことだ。これは、とても重要な観点だけれど、それだけしか気づかせてもらえずに学校を通過してきたかのような反応だった。

もっと丹念に聞き出すと他の観点も知っているかもしれないが、このときは「何のためにそれらを学ぶのか検討しましょうか」といって終えた。

 

学生の「○○はいらない」という応答は、現代におけるコンピテンシー・ベースだとか「資質・能力」だとかいう議論を自明なものとして語る人々の問いの不在を突いている。知識基盤社会という言葉を持ち出す程度ですべては済まされて、多数の内容を多数の「資質・能力」を教え形成することにしている。

本当か?

何のために学ぶかを子どもに即して掴まえられているのか?

きわめて疑わしい。

 

何のために、その内容を学ぶのかを問うことからこそ始められるべきではないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 教育 | 07:16 | comments(0) | - |
空虚な抽象から実のある抽象へ

どんな先生になりたい?

「信頼される先生」

「話しやすい先生」

「子ども目線の先生」

などといった言葉が返ってくる。

そこで、「どんなことをすると信頼されるの?」といくらか問いを変える。さらにハッキリと経験を聞く意図で、「どんなことをしていた人が話しやすかったの?」とか、「何をどうしていたので子ども目線なの?」と聞く。

過去の経験を聞いているのだが、そこを想定していない場合には後が続かない。

 

よくありがちな「信頼される教師」など言葉はソフトだが、中身がない。

信頼は単なる言葉では得られない。何をするか、何はしないかなのだ。具体的な行動とつながらない人を子どもが信頼するはずがない!という趣旨の説明をする。

 

個別に体験としてどんなことがあったと聞くと、進路相談に長いこと乗ってくれたなどの話になるのだが、ついつい空虚な抽象語でわかった気になってしまうようだ。どこで身につけたのか、抽象語を言っておけばいいという見方が見える。

 

抽象的な言葉を使えばいいわけではない。反対なのだ。具体的な出来事で語れることこそまず必要なのだ。

 

その後に、抽象語につないで実のある抽象語となる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 教育 | 06:46 | comments(0) | - |
コアとモデルの間

昨日、わかったことが見出し。二つは近いが違う。

 

コアとは、核のことだが、現在進められている教員養成におけるコア・カリキュラムの導入の動向。先日公開された3月までの配付資料のありかを示しておいた。要するに、教員となるために必要な科目は教員免許法で決められているのだが、その科目の内容の柱を決めようという話し。その案が公開されたわけである。

 

これは、教員養成だけでなく、医学・歯学・看護学の領域でも進められている。

 

ところが、医学歯学看護学等は、モデル・コア・カリキュラムと呼んで、「モデル」が前に付く。この違いが教員養成のコア・カリキュラムとでは大きい。医学等ではモデルなので、カリキュラムを作成するのは、各大学となる。

だか、教員養成の場合は、示す主体がハッキリしていないが、各大学を拘束する形となりそうなのである。医学等の場合、その内容は、学問の発展にしたがって変化することが日常的に想定される。だが、教員養成の場合、そこがひどく遅れそうだ。また、統制機能に国家介入してくる恐れが医学系よりずっと強い。

 

コアとモデルの違いは、さらにあるという報告がなされたが、それはまた別の機会に。

 

 

 

 

 

 

 

 

| 教育 | 06:40 | comments(0) | - |
効力感という魔物

波多野・稲垣シリーズの著作の一つに『無気力の心理学』中公新書があった。1980年代のはじめに刊行されたもので、効力感が生まれる原因をコンパクトに紹介してくれていた。

行動主義的刺激=飴とムチも問題だが、無気力も問題となっていた時代であった。

その後、叱咤激励の手法は変わった。多様化したという方がいいかもしれない。

 

飴とムチも残り、成果主義も残り、PDCAもその一つだし、心理操作手法も多様に組み合わされるようになった。それらの中に残り続けているのが、効力感だ。

 

人は、何らかできないことや失敗体験を抱えると、それをカバーしたり、成功に導いた手法に賛意を示したり、よい方法だと思ってしまう。ここには、確かに物事を理解したり、うまく進める知や技があることがある。

だが、手法や方法が普遍的によいということはほぼない。一定の条件の下でのみ有効であるに過ぎないことが多い。

 

困難を抱えれば抱えるほど、限定的に有効であった手法を神の位置に持ち上げてしまう。

その一つが効力感とともに持ち出されると危険性は極めて高くなる。

「要するに正しい答えはなに?」にはじまり、「必ずうまくいく方法はないんですか」と聞きたくなる心性に魔物が住んでいる。

この魔物に汚染されると、問いを失う。

問いを失うと、人として生きることが難しくなる。

 

効果ばかり追求する志向は危険そのものと言える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 教育 | 06:44 | comments(0) | - |
難しいのに

月曜は、二コマ。

今年も感想を書いてもらいながら講義を進める予定。

 

今週が第一回目。教職入門というタイトルが付いているが、私の配付資料には「教師論」と記して配布。

オーソドックスに講義の目的と内容を示し、私の自己紹介と学生10人の自己紹介(全員やると飽きる)。名前と出身地と関心事を話してもらう。スポーツや趣味などの他に、ミサイル攻撃や北朝鮮のミサイル発射などを関心事とした学生が想定より多かった。

10人終わってから、何に関心を持つかが教養と述べた戸坂潤の説明を補足。

続いて、教師という仕事の特質を他の仕事と比較してどこにあるかを書いてもらって発表。合間に「考えなさいと言われて困ったことない?考える基本は、分類すること」などといいながら特質を空白に書き込むように言う。10人あまりに発表してもらう。それぞれの学生の書いた意図を確かめながら論評していく。塾講師との違い、子どもに関わるなどという指摘が多かった。
それらを聞いた後に、そもそも専門職の歴史的起源、資格制度、自律的権限、自己統制権限を持つことを説明し、日本の教師の置かれた不十分な状況から専門職として確立しているかどうか断定できないことなどを補足。
感想には、専門職なのかどうか初めて考えましたといった記述が一番多かった。次いで、私の話は「難しいのに不思議と聞き入った」という趣旨の感想が続いた。一人だけ「眠かった」とあった。4月だから肯定的に書いている側面はあるだろうが、悪くはない反応と受け取る。「難しいところはどこ?」などと感想に私のコメントを10人あまり記して来週返す予定。
ナビの示す道ではなくて、思い描いたコース通りに初めて帰宅できた。
| 教育 | 06:17 | comments(0) | - |
第20回中間研究集会

日本教育方法学会では第20回研究集会を開催します。

昨日が常任理事会で準備状況を報告し終えたので広報が目的の記事です。

 

テーマ:「特別の教科 道徳」への対応を検討する

 

趣旨:3月には「特別の教科 道徳」初の教科書検定の結果が公表されます。同時に各地で副読本の改訂も進んでいます。教科書や副読本が出そろうなかで、道徳の教科化の姿が具体的形となりつつあります。新学習指導要領の告示とあいまって、道徳教育全体の見直しが学校でも進むと考えられます。そこで、道徳教育の現在をどう見るか、どのような実践が模索されようとしているのかを議論する目的で研究集会を開催します。

 

日時:2017年6月10日(土)13:30〜16:30(受付:13:00〜)

 

場所:慶応大学三田キャンパス

 

司会者:梅原利夫(和光大学) 子安 潤(中部大学)

 

提案者:松下良平(武庫川女子大学) 「道徳科の可能性と課題」

    塩崎義昭(浦安市小学校教諭)「批判的学びの道徳の授業実践」

 

(会員以外にも公開される予定です。)

 

 

 

 

 

 

 

 

| 教育 | 06:31 | comments(0) | - |
新教科書はいつ見られるか

3月24日に教科書検定の結果が公表されて、とりわけ道徳の教科書はその検定意見と修正の仕方が奇妙だと話題になっている。

だが、その教科書そのものは、新聞等で報道されているだけで、一般市民は見ることができない。一番詳しい報道で下記サイトが画像付きで報じている程度だ。本当のところや全体はよくわからない。
公式には、6月から検定教科書の展示が順次始まるが、場所も限られ、期間も2週間程度の所が多い。
採択権者、すなわち各採択地区の教育委員会等には4月末に送付されることになっているが、その数は原則として教育委員の人数分と限られている。9月15日までに教科書採択が終わるので、その後に配布された教科書が展示されるかもしれないのだが、これは不確かでしかも遅い。
こうしてなかなか本物を見ることができない。
そこで、直接教科書発行会社に電話をしてみたが、教科書発送先の対応に委ねられているという応答しかなかった。つまり、教科書展示と、教科書採択後の見本本の扱いは各地域の裁量であること、一般に新教科書を販売するのは供給本が確保できた後だという説明であった。
だから、一般市民が教科書を入手して見ることができるのは来年の春頃までできない。限られた期間に一部を見るだけだ。
これでは、報道が適切なのか、全体としてどの教科書がよいかをじっくりと検討することなどできない。一般市民は閉め出されている。
隙間をついて見ることができる方法を思いついたが、違法ではないが一般的でない手法なのでここには記さないことにする。
早急に誰でも採択される前に入手可能な仕組みに変える必要がある。それが自由というものだ。
| 教育 | 06:43 | comments(0) | - |
科研報告書できあがり

科研の最終年度ということで報告書を作成し、完成本が到着いたしました。

 

『福島第一原発事故後の現実の中で多様な価値観を認め合う教育をめざして』原子力・エネルギー教育研究会、執筆者は梅原利夫、三石初雄、子安潤、坂井俊樹、小寺隆幸、山田綾、根岸富男、芝田陽子、白木次男、佐々木清、後藤忍の各氏。研究会で報告いただいた方々の一部の論考や資料を集めました。

 

第一原発の事故から3ヶ月あまり後の2011年6月4日に第1回の研究会を開催し、以後年に4・5回開催して3月で30回を数えました。5月には31回目を予定しています。

 

この報告書に私は二つの論文を寄せています。一つは、『18歳選挙権時代の主権者教育を創る』に書いたものをこの報告書用にかなり加筆して「授業づくりと中立性の原則」という論文を掲載していただきました。

単なる両論併記はだめだという人がいるのですが、両論をきちんと検討する教育を丹念に行うことなくして暴力的な注入がはびこる現在に太刀打ちできません。また、子どもの思想形成の自由を保障するには授業でどう検討するのか、論の性格に応じて異なることを提起しています。

 

折しも学習指導要領が告示され、一方的見解を孕ませた事項が話題となっている日が31日でした。そういう状況の中では意味が増しているのではないかと思いながら手にしました。

 

部数が少なくあまりおわけすることができませんが、私がお願いして研究会にご協力いただいた方には可能な限りお渡ししたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

| 教育 | 21:58 | comments(0) | - |
| 1/119PAGES | >>