CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
                                 
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
教室で教えるということ
教室で教えるということ (JUGEMレビュー »)
岩垣 攝,子安 潤,久田 敏彦
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ARCHIVES
CATEGORIES
                
模擬投票は政治教育の端っこ

高校の教師を中心に模擬投票の取り組みやその新聞記事が選挙にあわせて取りあげられている。

高校生を対象とした文科の新しい通達以後、模擬投票の取り組みが増えた。

全部禁止状況から比べたら前進ではある。

 

しかし、政治教育は、選挙権の行使に留まるものではない。

様々な政治活動ができるように、つまり選挙に矮小化されることなく政治活動ができるようにすることが政治教育であり、シチズンシップの教育と捉える必要がある。

 

直接的な政治活動こそ基本である。

また、政治活動は、国政の選挙に留まるものではない。地方政治もそうだが、日常の各種集団の政治も含まれるし、日常の親密な集団の中にも政治はある。それらが視野にあるだろうか。

 

様々な単位における政治が視野にあるかな、と疑問に思う。具体的には自治活動。これをもう一方の手で追求しない模擬選挙は、選管のCMと変わらないと見えることがある。

 

他方で、狭い意味の政治活動だけの貧困な世界がある。人間関係のことだ。内向きの心だけ問題にする心情主義や心理主義は、外出した方がいい。

これも教育の世界のことをさしているのだが、・・・・どうだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 教育 | 06:23 | comments(0) | - |
嵐過ぎて

名古屋は台風一過の様相。なお風がいくらか強めなものの順次警報は解除となりそうだ。

 

当面の教育政策の動向を展望したい。

統制強化とその行き過ぎが一方に続くだろう。

だが、行き過ぎ批判は、もっと強くなってきている。

個別問題では、その批判意識に誰も勝てない。

 

個別問題の個別性に今のところ留まるが、その積み重ねが重心移動を起こすだろう。

ブラック部活とか組み体操問題とか、深刻な問題が起こった地域にまだらに部分的改善がわずかに生成している状況だ。

しかし、あの福井の池田町の報告書でさえ、そのおしまいに「子どもの権利条約」が引用されている。

「子どもの権利条約」には、保障されるべき子どもの権利が規定されている。すべての子どもは、その子なりに感じる力、考える力を持っている。すべての大人は、その子どもの思いをしっかり聴き、受け止める努力を惜しんではならない。

おそらくこの文言は福井にさえ広がらないかもしれないが、ひっそりと受け継がれる。

 

日本の教育課題は、戦後一貫して変わらない。

真理の教育、民主主義の教育だと確認できる。

 

嵐過ぎてなお。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 教育 | 06:57 | comments(0) | - |
台風と学校

本日、夕刻より台風の影響が強く出る予測が名古屋では報道されている。

同時に、今日は選挙の投票日。

 

こんな日は、学校管理者は、学校に出校することになる。

学校が投票所になっている確率が高く、警報が出ると避難所となる学校も多いからである。

学校はいろんなことに対応させられる。

 

明治期の学校は、貧富の差に応じて学校に近寄ってくる人と来ない人が別れた。金のある人は学校に来た。そうでない人は来なかった。貧困を原因とした不就学だ。

いつの頃か、それが逆転する。学校に依存せざるをえない人の方が学校に来る。正確な言い方ではないが、学校に依存する層と選択的に依存する層に分かれた。何で依存するかが階層的な違いを生んでいる。逆も言える。階層的な違いが何を学校に依存するかが違う。勉強で依存する人と依存はしない人などなど。

 

昨夕のニュースでいち早く学校に避難してきた高齢者が一人で暮らしているからと理由を述べていた。災害でも公共的支援が先に必要な人とそうではない人とが別れる。この区分には同じ論理が背景にあるようだ。

 

台風と言えば、子どもの頃に大きな台風がやってきて雨戸がガタガタと一晩中揺れて怖いなと思ったことが一度だけある。何度も台風はやってきて、学校が途中で下校となって迎えにきた親の車に乗って帰った記憶もある。そのころ学校は子どもを帰したら終わりだった。

それからだいぶ時を経て、愛知に職を得て伊勢湾台風の記録写真とその時の新聞や体験記を読むと、勤務先だった大学の学生たちが多数救援に向かったことがわかる。何日間か大学も休講となり、支援活動を行ったらしい。

これらはあちこち水浸しとなり、電車も止まり、被災した学生たちも多く、復旧や支援が自発的に始まったらしい。

 

今は、組織的に対応が決まっている。

それぞれの対応に学校は動員される。これは、誰の仕事だろう。支援が必要な人々がいるのだが、学校が支援のターゲットになるのは必然性がないように思われる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 教育 | 07:07 | comments(0) | - |
生徒指導提要の問題点

福井の中学校長は辞表を出したという。

こうした事態が発生する原因はいくつもあるだろう。ゼロトレで不寛容の空気の蔓延、スタンダードという画一主義の潮流など非教育的政策動向などがあるだろう。

その一つに文部科学省や一部の人々がバイブル化しているらしい文科省編の『生徒指導提要』がある。

 

そこに今回のような対応を生み出す原因となる次のような一節がある。

「学校においては日常の問題行動からしっかりと注意するなど、その行為の意味やそれがもたらす結果や責任などを理解させる毅然とした指導が大切です。そのためには、「社会で許されない行為は、子どもでも許されない」といった学校全体の基本的な指導方針の下、学級・ホームルームでも児童生徒の発達の段階を踏まえて生徒指導の方針を明確に示し、児童生徒や保護者に対して「社会の一員」としての責任と義務の大切さを伝えていくことが必要です。
もちろん、そうした指導は、児童生徒一人一人に対する温かな態度や教育的愛情を前提としたものであるのは当然のことです。つまり、毅然とした生徒指導とは、学校生活に起こる様々な問題について、その行為の過ちや責任をしっかりと自覚させ、健全な成長が図られるよう温かく粘り強く指導していくことです。」
150頁

 

この「毅然とした指導」が厳しい叱責を生む。

「社会で許されない行為は、子どもでも許されない」という一節も問題がある。許されない行為にたいして大人と子どもですべて同じと捉えていいはずがない。また、大人の場合もどう対応するのかは基本的人権に即してであり、これを許す仕組みが罰として社会にはある。

さらに、「温かな態度や教育的愛情」とは何かについて、厳しいことが愛情という把握が昔から存在し、自分を基準に判定する人々がいる。これを「粘り強く指導していく」と悲劇は発生する。

 

「生徒指導提要」は240頁あまりの長い文書だが、その内容は、問題点が散乱している。当たり前すぎて何も言わないに等しい論説もあれば、引用した一節のように問題点ばかりの下りもある。全体として教師の心がけばかりが書いてある傾向にある。

これをバイブル視する人々は、一部を都合よく解釈しすぎで、70名を越える執筆者の中には理論的にも実践的にも不適切な論者がかなり混じってしまっていたのではないか。

 

小学館の図鑑の毒キノコ問題は一カ所で回収だそうだが、それよりは数が多いのではないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 教育 | 07:09 | comments(0) | - |
国語の授業改革17

「読み」の授業研究会編、学文社、2200円と税金。

 

毎年刊行している。これは大変なこと。

特集は写真にあるように、今の基本的トレンドを国語でどうするか、どう考えるかである。

 

阿部巻頭論文は、「国語の授業で「主体的・対話的で深い学び」を実現することは本当に可能なのか」と題して、三つのスローガンについて検討している。基本的論調が私の見解の路線とかなり近いと思う。

すなわち、対話や討論優先のとらえ方をしたのではダメだということ。

教科内容・教材の分析こそ重要という論調である。

例えば、次のような読みがあってこそ、授業が質の高いものとなるという。

枕草子の「秋は夕暮れ。夕日のさして山の端いと近うなりたるに烏の寝床へ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど、飛びいそぐさへあはれなり。まいて雁などの連ねたるが、いと小さく見ゆるはいとをかし。」を「秋は夕暮れがいい、烏が飛び急ぐ姿や雁が飛んでいくのもいい」というのでは浅い。問題外だという。

烏は、今も昔も嫌われる鳥だが、「あはれ」となる条件があると読んでこそ清少納言の指摘を深く読んだことになると例示する。
烏の飛ぶ時は?夕暮れだけ。

数は2から4で、一羽でも多数でもダメだ。

寝床へ急ぐとは、ずっとそこに居るのではなく、すぐにいなくなるのでなければならないなどと指摘していく。

これらを教材から読んでこそ深くなるという。

 

目次は以下の通り。

内容優先とは言えない記録もあるけれど、おおむね教材分析を優先した実践記録が並ぶ。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

はじめに(阿部 昇)

国語の授業で「主体的・対話的で深い学び」を実現する
<問題提起>
1 国語の授業で「主体的・対話的で深い学び」を実現することは本当に可能なのか
――三つの切り口からその実現可能性について考える 阿部 昇 6
<物語・小説・古典の授業で「主体的・対話的で深い学び」を実現する>
2 物語・小説の「構成・構造」の授業
――教材「モチモチの木」(小3)を使って 庄司 伸子 18
3 物語・小説の「形象・技法」の授業
――教材「少年の日の思い出」(中1)を使って 建石 哲男 26
4 物語・小説の「吟味・批評」の授業
――教材「海の命」(小6)を使って 熊添由紀子 34
5 あたらしい古典の授業
――教材「竹取物語」(かぐや姫の生い立ち)を使って 熊谷 尚 42
<説明文・論説文の授業で「主体的・対話的で深い学び」を実現する>
6 説明文・論説文の「構成・構造」の授業
――教材「ウナギのなぞを追って」(小4)を使って 永橋 和行 50
7 説明文・論説文の「論理・技法」の授業
――教材「ガイアの知性」(中2)を使って 鈴野 高志 58
8 説明文・論説文の「吟味・批判」の授業
――教材「作られた『物語』を超えて」(中3)を使って 竹田 博雄 66


「言語活動」を充実させ豊かで「対話的」な授業を実現するための指導スキルとポイント
1 グループ活動をはじめて取り入れるときの指導スキル 加藤 辰雄 74
2 国語ゲームをはじめて取り入れるときの指導スキル 奥冨 浩 80
3 授業規律・学習規律を定着させるための指導スキル 小林 信次 86
4 構造的でわかりやすい板書をつくり出すための指導スキル 町田 雅弘 92
5 子どもたちの楽しい討論をつくり出すための指導スキル 臺野 芳孝 98
6 「対話的」な授業を実現するためにしておくべき指導のポイント 柳田 良雄 104
7 「対話的」な授業を実現するための単元計画立案のポイント 志田 裕子 110

物語「海の命」(立松和平)で「主体的・対話的で深い学び」を実現した授業――大庭珠枝先生の授業の記録と授業案
1 「海の命」(立松和平)の1時間の全授業記録と単元計画・本時案 熊谷 尚 116
2 「海の命」の教材研究 大庭 珠枝 128
3 「主体的・対話的で深い学び」を実現した先駆的授業 阿部 昇 132


新学習指導要領「国語」をどう読み解きどう評価するか―現場への提言
1 「主体的・対話的で深い学び」の授業改善
――第九次教育課程改訂を受けて、国語教育の可能性を探る 田近 洵一 134
2 「知識及び技能」と「思考力、判断力、表現力等」との関係をめぐって 鶴田 清司 142
3 新学習指導要領を批判する 長蛇を逸した今回の改訂
――「深い学び」に対する懐疑 植山 俊宏 151
4 「学び」を意味づけ、文脈化し、筋立てる
――「ポジティブリスト」からの脱却のために 中村 哲也 159
5 新学習指導要領(国語)、その前進面と課題を考える 加藤 郁夫 168


新学習指導要領を読み解くための5冊
『確かな「学力」を育てる アクティブ・ラーニングを生かした探求型の授業づくり
――主体・協働・対話で深い学びを実現する―』(阿部 昇 著) 豊田 ひさき 176
『おかしいぞ!国語教科書 古すぎる万葉集の読み方』(梶川信行 編) 加藤 郁夫 177
『文庫解説ワンダーランド』(斎藤美奈子 著) 阿部 昇 178
『教育の力』(苫野一徳 著) 岩崎 成寿 179
『国語力をつける説明文・論説文の「読み」の授業
―読む力を確かに育てるあたらしい指導法入門』(「読み」の授業研究会 編) 杉山 明信 180

連載・教材研究のポイント [第四回]
「一つの花」(今西祐行)の教材研究――ここがポイント 高橋喜代治 181

 

 

 

 

 

 

 

| | 07:30 | comments(0) | - |
授業改革が受験教育と日本主義

「時々あるんだ、これ」と思ったのが、読売新聞掲載の教育記事の聖徳大学附属女子中学校・高等学校。

記事になっているやってることを並べる。

一般目標は「人間性と礼法を土台として学力向上」。

私の感覚では、もう怪しい。

具体策

1.和の礼法:小笠原流の礼法の時間と全員で昼食。

2.和の各種行事:10人11脚レースなど。

3.学力向上:基礎の徹底と海外旅行とiPadの利用。

評価基準

国公立大および難関私大への合格人数。

 

記事の趣旨を要約するとそうなる。

 

人間性が礼法で育つというのは簡単すぎだろう。

行事で団結というのもありがちすぎだ。団結すべきかどうかもっと考えた方いい。和だそうだが競争のレースだ。競技が象徴しているが、その10人からは抜けられない。江戸時代の5人組や戦争中の隣組制度が思い出される。英語に特化するんじゃなくて、自然を含めて社会と世界に目を向けた方がいい。

学力が進学先で決まるじゃ一面的すぎだろう。(特進クラス29人は難関だが、それ以外の14人生徒は切り捨てられてる。それ以外のクラスは最初からなんなんだ?)

勤務先にもそういう方針があちこちに散見されることがある。

ありがちすぎる旧い方針がなぜ記事になるんだ。

新聞とは旧聞か?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 社会 | 07:27 | comments(1) | - |
ひどいネット指導案

指導案づくりで学生が忙しい、と言う。

最近は、ネット検索する学生・教師が多い。

 

試しに単元を特定して検索すると読み切れないほどヒットする。

 

しかし、これがひどいものほど上位に来る傾向がある。

東北地域の個人名付きの指導案が一番上だったので特定は避けるが、基本的に内容を理解していない.表層だけなぞって、その地域の形式に落とし込んだものだった。

 

その次は、右翼の教育保守化運動団体の指導案だった。

歴史上の人物に最初から「偉人」などと紹介していく、とんでもない問題外の指導案だった。

 

内容的知見がなく、ネット検索におけるリテラシーがないと騙されていくだろうなと思った。

 

現職のそれなりの経験のある人も、だれが教育の保守化運動の担い手か知らないことに過日驚いた。また、現在のトレンドの社会的意味となると経験豊かな人も引っかかる。ネット検索も指導案を直に読もうとするのはやめた方がいい。ダメなものから先にヒットするぐらいに見ていないとな、と思う。

 

ところで、これからは「ものの見方・考え方」が検索されるだろう。

この夏・秋からのトレンドだからだ。だが、その中身は恐ろしく空虚だったりする。もっと具体的に言うと、社会科で「歴史的に考える」としか言ってなかったりする。何も言わないに等しい。

あるいは、「ものの見方・考え方は科学を教えない議論」といった昔の批判議論のままだったりする。見方や考え方があるのは間違いない。その内容と位置付けの議論を欠くと使えない。

 

補足、これからのトレンドになるというのは、新教育課程説明会の資料にそこが焦点だと書かれたからだが、それも浅薄の批判を免れない。個別内容抜きの見方・考え方は空虚だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 社会 | 07:10 | comments(0) | - |
長い有効期限

ちょっと前に作ってもらった前の職場の図書館利用者カード。

注目は、その有効期限。

実に長い。

32年後の2049年12月31日まである。

こんなに長い有効期限のカードは初めてだ。

生きているのがかなり絶望的に困難だ。

 

有効期限が来る前に、10年足らずで入館するときの読み取り機が更新され、方式も変わっているだろう。当然システムが変わるから、入館証が再発行なんてことになっていることだろう。

 

図書館のフロアに模擬授業室設置した愚も、補修されて図書館らしさを取り戻していることだろう。

 

ユネスコの公共図書館宣言1994年の冒頭を以下に引用しておく。

UNESCO Public Library Manifesto1994
1994年11月採択

社会と個人の自由、繁栄および発展は人間にとっての基本的価値である。このことは、十分に情報を得ている市民が、その民主的権利を行使し、社会において積極的な役割を果たす能力によって、はじめて達成される。建設的に参加して民主主義を発展させることは、十分な教育が受けられ、知識、思想、文化および情報に自由かつ無制限に接し得ることにかかっている。
地域において知識を得る窓口である公共図書館は、個人および社会集団の生涯学習、独自の意思決定および文化的発展のための基本的条件を提供する。
この宣言は、公共図書館が教育、文化、情報の活力であり、男女の心の中に平和と精神的な幸福を育成するための必須の機関である、というユネスコの信念を表明するものである。

・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

| 暮らし | 07:03 | comments(0) | - |
和光中高の教研

和光中学・高校の教研のご案内。

私は入試業務で参加できないけれど行ってみたかった。

詳細は、和光中・高のHPでご確認ください。

http://www.wako.ed.jp/

11月19日(日)8;40〜16:00

鶴川駅からバス。
 

| 暮らし | 06:53 | comments(0) | - |
適切さへの疑問

福井で教師が原因とされる生徒の自殺があったと報道されている。

ゼロ・トレ(不寛容)という非教育論の浸透が原因だろうか。愛知にも相当浸透していて危ない、そう思うことがある。福井の教育については下記のごとく新聞に報じられていたりするのだが、そんなに持ち上げていいのか疑問だ。

http://www.chunichi.co.jp/article/feature/kyouiku/list/CK2017101502000003.html

この記事は何だったのか?

 

ところで、新聞報道に調査委員会のメンバーの名前に福井大の松木氏の名前があって、最近の役割からすると名前があっても不思議じゃないのだろうけれど、ほんとの専門は赤ちゃんと親の関係が専門だ。本職じゃないことをやらされてる感があるのではないか、などと思った。

 

そういえば、政府の審議会にも、何の専門なのかわからない人がいたりすることも多い。方針の決定に関わっていたりすると「あーあ」という残念感が残ることがある。

 

いろんな立場というなら、それこそいろんな立場を前提に選出されていれば専門家でなくてもと思う。その一貫性がなくて、恣意的な印象はぬぐえない。答申類の権威が最初から権力の後ろ盾なしだとゼロになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 社会 | 07:38 | comments(0) | - |
| 1/479PAGES | >>